遺言は撤回できるのか

遺言を撤回したい時それは可能でしょうか。また、何度も撤回したらその効力はどうなるのでしょう

遺言を作成した後に諸事情が変わり、内容を変更したいもしくは遺言書を撤回したい時、法的なものだから勝手にすることが出来ないであろうと思うので、遺言をなかなかできずにいるというお声を聞くことがあります。
“遺言は撤回できるのか” の詳細は »

遺産分割協議を家庭裁判所に申立てする

遺産分割協議の調停や審判はどの様になされるのか。また、相続人が揃わない時の対処は

遺産分割をしようと思っても、遺産の中には様々なものがあり、それぞれの相続人の遺産に対する利害関係や価値観などの違いから分割協議がなかなか纏まらないことがあります。分割協議が纏まらない時は家庭裁判所に調停の申立てをするか、審判の申立てをすることになります。
“遺産分割協議を家庭裁判所に申立てする” の詳細は »

扶養していた親の相続

献身的に面倒を見て扶養していたにもかかわらず、他の相続人と相続分通りに遺産分割しなくてはならないのか

少子高齢化社会となり、高齢で身の回りの事が思うように出来ず、子供が親の面倒をみなくてはならない時、子供が何人いても実際にその面倒を見るのは1人だけで、他の兄弟はなんら手助けもしないという事がままあります。
“扶養していた親の相続” の詳細は »

隣地との境界線があいまいなのは要注意

相続した土地の境界線があいまいだったため、トラブルに発展。今から準備する相続は様々なケースがあります

父が亡くなり、父が住んでいた実家の土地建物と預貯金株などが遺産として残された。相続人間で話し合った結果、土地建物は相続税の支払いの事も考えて売却することになった。
“隣地との境界線があいまいなのは要注意” の詳細は »

抵当権付の不動産の相続

相続財産の不動産に抵当権がついていた場合には相続をしない方がいいのか。

被相続人の残した財産に不動産が含まれていた場合、その土地建物に抵当権がついていることがあります。抵当権イコール債務と捉えがちですが、抵当権の性質によって随分と違ったものになります。


“抵当権付の不動産の相続” の詳細は »